函館 蕎麦レポ VOL16 そば匠 喜の家

【そば匠 喜の家で沼田町産の蕎麦を手繰る!】

ご覧いただきありがとうございます。道南ソバレポーターのヨシです。今回は蕎麦も天ぷらも評価の高い「そば匠 喜の家」さんに訪問してきました。

喜の家さんの魅力にせまります。

場所はこちら

 GoogleMapへはこちらをどうぞ

【営業時間等】

営業時間:11:30~15:00(蕎麦がなくなり次第閉店)

定休日:水 木 日

TEL:0138-51-8181

※毎年かどうかはわかりませんが、1、2月は休んでいるようです。3月からはやっているようですが、念のため電話で確認してからお伺いすることをお勧めします。

【外観、内観等】

お店の外観です。正面向かって左側が駐車スペースになります。昼時は混雑しますので待つこともしばしばあります。ご自宅に増築という形で作られた建物です。オレンジの外観が目を引きます。

中の作りは面白く、勾配天井になっており、厨房の部分が屋台のような、建物の中に建物があるような感じです。雰囲気も開放感があり良いですね。

【メニュー】

メニュー表をクリック、またはタップすと拡大します。
ここのおすすめはなんといっても天ぷらではないでしょうか。店主のこだわりもメニュー表に記載があるように、私もこれまでに複数回は訪れたことがありますが、混雑した店舗内のお客様でほとんどの方が何かしらの天ぷらを注文しておられました。

【天丼セットを注文!】

えび天丼セット(税込1,350円) 2021.4時点

天ざるも良いですが、一番人気といわれる、海老天丼セットを注文です。大きい海老が鎮座した廻りに野菜天が乗っており、ボリュームが期待できます。

【沼田町産きたわせ種の手打ち 二八蕎麦に舌鼓!】

丁寧に打たれた沼田町産の蕎麦は機械打ちかと思うほどの均一な麺線になっており店主のもつ技術の高さがうかがえます。蕎麦は非常に甘味が良く、香りが食べた後に鼻に抜け、何とも心地がよく、細切ではあるものの、コシも感じ、非常に美味しい蕎麦になっております。ここで言えるのは、天ぷらではなくあくまでも蕎麦が主役なんだな、ということです。つゆはきりっとした濃い口のつゆですが、辛さまでは感じず、出汁とのブレンドがいい塩梅です。

【激うまの天ぷらとタレが絡んだご飯!】

次は天丼です。これは・・・至福ですね。

海老がまあ、美味しい!海老自体がぷりぷりして良い甘味を感じ、揚げ具合がまた絶妙です。一番美味しい揚げ時がどの時点がベストなのかわかりませんが、これはいわゆる素材を一番良い状態で提供しているものではないでしょうか。

数ある天ぷらあれど、ここまでの天ぷらにはそうそう出会えないと思います。そもそも天ぷらってまずく作るのは難しい中で、食べる人も美味しさを期待して食べますよね。その期待を超えるかどうかが基準とすれば、私にとって喜の家さんの天ぷらは期待を超えるものでした。

海老天の断面。。これは一度食べておいて損はなし。

【まとめ】

最後にどろどろの蕎麦湯をきりっとしたつゆに入れて、飲み干しほっと一息。最近そば湯のみでも問題無くいただいております。蕎麦湯は非常にルチンなどの水溶性の栄養素が溶け込み、栄養価が高いもので、蕎麦湯に抵抗がある方も健康のためを考えて飲まれることをお勧めします。

そば匠 喜の家さんは評判にもれない、手打ち蕎麦も天ぷらも絶品の蕎麦屋さんでした。1,2月を全休とするあたり、ライフワークバランスをしっかり持たれた店主なんだろうなと想像します。

このブログでは北海道道南地域の蕎麦屋さんを他にレポートしていますので、
トップメニューの「蕎麦レポ」よりご覧ください。
道南地方の蕎麦の情報量NO1サイトを目指しております!

また、@ h_life.lights というアカウントでインスタグラムもやっております。
そちらでは手打ち蕎麦の修行等も更新しております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です