函館 蕎麦レポVOL.4[手打ち蕎麦・酒房 長月】

【手打ち蕎麦・酒房 長月さんで、こだわりの手打ち蕎麦を手繰る!】

ご覧いただきありがとうございます。
道南蕎麦レポーターのヨシです。
今回は函館では著名な手打ち蕎麦・酒房 長月さんへ訪問してきました。手打ち蕎麦だけでなく大門に位置して、お酒やワインをはじめ一品料理も充実している店です。

 

場所はこちらから↓↓

早速店内へ

 

 

 

 

 

店内 いい雰囲気です。

メニューはこちらです。
クリックすると拡大します。

今回はお昼の訪問なので、「海老天セイロ蕎麦+大盛」を注文。
長月さんの店主とお話しをすることができました。コロナ渦の影響でやはり客足は思わしくなく、通年は北は音威子府から段々と南下するように蕎麦産地の仕入れを変えているんだそうですが、今年はなかなかうまくいかず、新蕎麦は第二段として沼田町産からの仕入れをまだ在庫があるようで思うように産地替えをできないそうです。

産地を変えることによっていついっても前とは違った風味や甘味を感じたりできるのが長月さんのこだわりなんですね^^結果ですが、今回は沼田町さんの新蕎麦をいただくことに決定です。食べる前から期待大です。

                                                                                                                 

海老天は頭の部分も揚げて盛り付けてあります。非常に美味しそうです。
蕎麦は1分ほどのゆでで、冷やしを丹念に行っているのがカウンターから確認できます。さあ、到着です。

                                                                                                                 

【沼田町産の風味と甘味が良い!】

まずは蕎麦。うーん。上手い。個人的感想ですが、沼田町さんと北竜町産の蕎麦の風味が似てるのかな。どちらもですが非常に風味と甘味がよく野趣あふれる蕎麦に舌鼓。

                                                                                                                  

【天ぷらの完成度が良い!】

天麩羅は火の通りもよく、サクサクっ、うま味が溢れてきて幸せな心地。頭部分も全部食べれてこちらも香ばしく美味。特に揚げたてなのも良いですね。たまらない美味しさです。

                                                                                                                                                     

最後は蕎麦湯。本日は私が最初の客だったのですが、出てきたのは、蕎麦の成分が溶け込み、ドロっとした私好みの蕎麦湯。確認した所、最初のお客様にもしっかりとした蕎麦湯を味わってもらいたく蕎麦湯自体は作ってあるんだそうです。
その気遣いにうれしくなります。本日海老セイロをいただきましたが、桜エビのかき揚げ天セイロもおすすめとのことでした。蕎麦自体の量は夜のお客様の〆蕎麦ということもあるのか、若干少なめ。大盛で頼むと、男性なら満足する量です。

まとめ

沼田町さんの二八手打ち蕎麦と美味しい天麩羅が味わえる同店。接客も申し分なく、今度は夜で日本酒でも飲みながら、美味しそうなつまみ楽しみたいものです。今回も一期一会の蕎麦に舌鼓。以上蕎麦レポでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です