函館 蕎麦レポ vol23 そばと酒 柏木町三貞

【そばと酒 柏木町三貞で月替わりの蕎麦を楽しむ!】

自分の味覚につきささる蕎麦に出会うその日まで。

一期一会の蕎麦を食べさすらう、道南蕎麦レポーターのヨシです。今回は函館市の蕎麦屋さんとしては1950年の創業で老舗に位置するそばと酒 柏木町三貞さんの魅力に迫ります。

【地図はこちら】

Google mapsへはこちら

【営業時間・定休日】

電話番号・・0138-52-1055

定休日・・・月曜日

営業時間・・11:00~14:30

17:00~19:30

※コロナ渦では、営業時間に変更もあるかもしれないので、
事前の確認をお勧めします。

【外観・内観】

お店の外観です。2014年にリニューアルされたので新しくデザイン性も現代風です。

お店正面右手の道路を入ると左手に駐車場があります。

契約駐車場なので、うっかり他の契約者の駐車スペースにとめないよう
注意しましょう。

店内は木をふんだんに内装材と用いており、広く、家族連れにも最適。
夜は日本酒を楽しみたいものです。

ちょっとしたお子様が遊べるような仕掛けも。

【メニュー】

上記写真をクリックするか、タップすると拡大します。

メニューは幅広く、蕎麦は機械打ちですがセットメニュー豊富です。商品の写真が沢山あるのが親切な配慮を感じ食欲をそそります。また三貞さんは月替わりのメニューがあり、これがおすすめです!

【月替わりの蕎麦を注文!】

上の写真は三月の限定メニュー「きのことぶりのあんかけ蕎麦」です。
これがもう絶品でして、キノコがなめこ、シイタケ、マイタケ、シメジ等盛りだくさんで、キノコ好きの私にはたまりません。鰤も一口大に切られたものを片栗粉であげられた揚げ出しという言葉が適切かはわかりませんが、とろみのきいたあんかけのつゆにベストマッチします。鰤って改めて美味しいものですね。

次の写真は海鮮天丼と蕎麦のセットです。天ぷらが衣の塩梅とツユがまた甘すぎず美味しいです。素材が良いと直感的に思います。天ぷらはすごくお勧めします。

【蕎麦は喉越し良く美味しい!】

蕎麦は機械打ちではあるものの、コシが強い蕎麦になっています。これだけの繁盛店ですから、手打は難しいのでしょうね。蕎麦の香りもしますし、これはこれで非常に美味しい蕎麦です。

 

そしてこれは5月の限定蕎麦「噴火湾産ホタテと瀬戸内レモンのぶっかけ蕎麦」です。これもまた、帆立の旨味も絶品で、レモンの酸味が新しく、初夏の訪れを感じずにいられない、清涼感のあるつゆで、美味しい蕎麦です。

レモンの効いたつゆを蕎麦湯でもいただきます。いつも蕎麦湯と違いつゆの出汁と酸味と帆立の天ぷらの油が染み出たつゆはこれもまた新しい食体験です。

 

 

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。三貞さんは職場から近いのでよくいくんですが、月替わりメニューはやはりすごく人気のようです。
接客も抜群で、提供時間も速い。こういう所に人気店の秘密はありそうですね。皆さんもぜひ足を運んでみてください。

 

このブログでは北海道道南地域の蕎麦屋さんを他にレポートしていますので、
トップメニューの「蕎麦レポ」よりご覧ください。
道南地方の蕎麦の情報量NO1サイトを目指しております!

また、@ h_life.lights というアカウントでインスタグラムもやっております。
そちらでは手打ち蕎麦の修行等も更新しております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です