函館 蕎麦レポ VOL19 陣屋 三与右衛門

【陣屋 三与右衛門でのど越し抜群の蕎麦を堪能!】

ご覧いただきありがとうございます。
函館で陣屋を知らないサラリーマンはいないんじゃないかと統計をとってみたい衝動に駆られている道南蕎麦レポーターのヨシです。そんな函館の陣屋さんでも趣向が違うこの店の魅力に迫ります

【場所はこちら】

 GoogleMapへはこちら

陣屋さんはホームページがあります。こちらからいけます。

【店内】

店内は和風の落ち着いたつくりになっており、夜に蕎麦屋酒を楽しむにはばっちりの雰囲気です。こういう所で日本酒飲みたいもんです。

【店舗情報】

TEL 05054851969

定休日 日曜日

営業時間 月曜日~土曜日

11:30~14:30 17:00~翌2:00

※コロナ渦で、営業時間は変更になる可能性があります。
お店に確認されることをお勧めします。

【メニュー】

クリック、若しくはタップすると拡大します。
蕎麦は機械打ちと手打ちを選べます。夜のメニューが豊富です。
お酒に合う逸品料理がずらりと並んでいます。なんなら昼からでも食べたいくらいですね。

【手打大盛蕎麦を注文+海老天追加】

もりそば(770円)+大盛(210円)+海老天追加(360円)

蕎麦は大盛にすると三段に分かれて出てきます。
なんでもこのように小分けにすることで、蕎麦が乾燥せず、美味しい状態を保てるそうです。工夫されてますよね。

【道産の蕎麦粉を使った手打ち蕎麦】

陣屋さんの蕎麦はこのように白くつやのある蕎麦になっています。
蕎麦の風味もありますが、なんといっても特徴なのはなめらかな口当たりと喉越しにあるのではないかと思います。つゆは濃すぎず蕎麦に良くあったもので、ゆっくり味わうべきなんでしょうけど、ついつい箸がすすみます。

あっという間になくなる、そんなイメージですね。

【天麩羅も美味!】

天ぷらは衣が繊細で、多すぎず、よい塩梅で、海老の火の通り加減も良く美味しいです。天ざるを頼めば良かったなと後悔してます。次回は天ざるを注文しようと思います。そばがきやその他の一品料理もめちゃくちゃ気になります。

【まとめ】

陣屋 三与右衛門さんは道産の蕎麦粉を用いてのど越し抜群の仕上がりに打っている蕎麦を堪能できます。天ぷらのレベルからすると、他の一品料理も間違いなく美味しいんだろうなと思います。

このブログでは北海道道南地域の蕎麦屋さんを他にレポートしていますので、
トップメニューの「蕎麦レポ」よりご覧ください。
道南地方の蕎麦の情報量NO1サイトを目指しております!

また、@ h_life.lights というアカウントでインスタグラムもやっております。
そちらでは手打ち蕎麦の修行等も更新しております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です